火災保険雨漏りの補償の重要性

火災保険で保険金がもらえるかどうかの分かれ目は、事故の原因が何かというところがポイントです。通常、雨漏りの場合、屋根や外壁からの雨漏りが多いと思うのですが、その場合、原因が「摩耗・劣化」と見なされてしまうことがほとんどです。

火災保険雨漏り情報をこれから探す方におすすめのサイトです。

そういう点では火災保険雨漏りは補償の対象外になることが多いです。ただ、火災保険で水漏れ損害が補償になっている場合は、補償の対象になることもあります。
例えば、マンション等に住んでいて、上階のお部屋に大量に雨漏りして、上階のお部屋から水漏れして、階下に住んでいる人のお部屋も損害を受けた場合などは、階下の人は火災保険の補償の対象になる可能性があります。

通常、水漏れ損害は、給排水設備からの水漏れ損害、もしくは他の人が占有する個室で発生した事故により被害を受けた場合が、補償の対象となります。



そのため、基本的に火災保険雨漏りは補償の対象外となるケースが多いのですが、原因によっては補償の対象になることもあります。

別のケースとして、戸建に住んでいて数年前に防水・塗装工事をしたのに雨漏りして汚損したという場合です。こちらは火災保険での補償ではないのですが、工事をした業者さんの賠償責任保険で補償してくれる可能性があります。


そこでも大事なのは「なぜ事故が起きたのか」とういう原因が重要となります。
火災保険雨漏りについてまとめますと、基本的には補償されないことが多いです。



ただし、事故原因によっては火災保険で補償できる場合はあります。


重要なのは雨漏りの原因です。