火災保険雨漏り適用について

火災保険雨漏り適用、と聞いて、驚かれる方も多いのではないでしょうか。

火災保険雨漏りの情報が欲しい方必見です。

実は火災保険の補償内容には、火災だけではなく落雷、風災・雹・雪災、水害、破裂・爆発、水濡れ、盗難などが含まれている場合があります。

加入されている火災保険に「風災」の記載があれば、こちらを利用して雨漏りに適用することが可能です。


火災保険雨漏り適用時に使われる風災補償は自動車保険のように、保険を使ったからといって、保険料の割増がないメリットもあります。
しかし、火災保険雨漏り適用は、全ての雨漏りにされる訳ではありません。必要な条件として、原因が経年劣化ではなく強風であること、風災被害に遭った日から三年以内に申請をすること、修理費用が20万円以上であることがあげられます。



また、自己判断ではなく、第三者機関による判断が必要となります。
日本損害保険協会の鑑定人資格を持った鑑定人が調査し、風災の有無判定や被災額の算出を保険会社に提出し、保険金額が決定されるのです。

さらに、加入前に風災により屋根が壊れ、その結果雨漏りが起きていた場合には適用ができないので注意が必要です。



このように注意することの多い火災保険の雨漏りへの適用ですが、もう一点、保険会社への1回目の電話連絡が保険申請となることに特に注意しなければなりません。


一度否決された内容に対する再申請は難しいため、雨漏りや屋根の破損を見つけた場合、まず保険会社ではなく専門業者に調査を依頼し、報告書と見積書を作ってもらうことによって、スムーズに申請することが可能です。