火災保険雨漏りの申請

一般に知られていませんが、屋根からの雨漏りが生じた際に火災保険雨漏りを活用して修理を行う方法があります。
風によって被害が起きた屋根は火災保険雨漏りの対象になり保険金の利用が可能なため、積極的に申請する事が得策です。



火災保険は自然災害に対して適用され、火災の他に水災・風災・落雷・ひょう災・雪災・外部からの飛来によって建物が損傷した際に支払われるものです。

申請は簡単に行う事ができ、正しい方法で進めれば希望額に近い保険金がスムーズに支払われます。
被災した屋根を被保険者自信が申請しなければいけません。大手保険会社の火災保険申請用の書類は保険金請求書と事故状況説明書の2枚です。


その他では修理見積書と被害物の写真も必要です。難しい事は一切なく被災した場合は速やかに行うのが注意点です。


時間が経過し過ぎた場合は、風との因果関係が認められず火災保険雨漏りの対象外となる事があります。



申請はあくまでも自分で行い申請代行会社に依頼する事は避ける方が無難です。
関わる人が増える程、時間が掛かるばかりか経費の上乗せがあるので高い料金となります。

さらにスムーズに保険金が受け取る事が出来なくなり、時間がかかるほど雨漏りの心配が続く事になります。



住宅を購入の際は必ず火災保険に加入するので、被災が起きた際は保険会社の担当者に直接問い合わせを行い相談する事が重用です。

被災内容を細かく伝え必要書類の事も納得のいくまで聞く事が大事です。