火災保険雨漏りは支払い対象になるのか

火災保険とは、住まいにかける保険のことです。



個人の住宅やその家財が対象となり、店舗や事務所では加入することができません。
火災保険という名称ですが、補償される範囲は火災だけではありません。落雷や爆発による被害、台風でひさしが飛んだといった風災や、ひょう(雹)が降ってきて窓ガラスを割ったなどのひょう災、大雪が積もって屋根が壊れたなどの雪災も範囲に入ります。

しかし「住宅火災保険」と呼ばれる保険の場合、火災保険雨漏りは適用にならないのが一般的です。


これは「風、雨、雹もしくは砂塵(砂埃など)の吹込み、これらのものの漏入による損害」が補償対象ではないためです。
例えば、台風で屋根が飛ばされたことにより、その箇所から雨漏りがするようになった、ということであれば、火災保険の対象となる風災に当たりますから、補償の範囲です。

しかし、多くの水漏れの原因が建物の老朽化によって起こります。


この場合は保険金はおりません。



また、給排水設備の不備が原因の場合も同様です。

マンションなどの共同住宅で上の階から水漏れがあった場合、上の階の住民が風呂の水をあふれさせた、などの原因も考えられますが、この場合は自分の火災保険ではなく、第三者の保険の適用になることも考えられます。
なお、たとえ風災と認定される場合でも、免責金額の設定がされているケースがあるので請求できるか否かは注意が必要です。

火災保険雨漏りの適用を求める場合、「住宅総合保険」といわれるタイプの火災保険に加入していれば保障の範囲になります。


これは雨漏りや洪水などの水災のほか、岩や木の落下や衝突、盗難まで幅広くカバーする火災保険です。



いずれにせよ、加入の際には保険会社に火災保険雨漏りの適用になるかどうかを確認することが必要です。